合名会社早川酒造 – 酒蔵なかやま

コレクション: 合名会社早川酒造

1915創業の三重県北部にある菰野町に構える早川酒造。
元々は三重県四日市市に蔵を構えていましたが、伊勢湾台風の被害により水質が変わり よりよい水を求め、昭和52年に現在の菰野町に移転。
その後、四代目・早川俊一氏が東京農大大学短期大学部醸造科卒業後、蔵元に戻り酒造りを行う中、上喜元を醸す酒田酒造での研修をきっかけに、更なる躍進となる「田光」製造が始まる。
これを機に杜氏に就任し、製造量を増やす設備ではなく、品質重視の設備投資を積極的に進められています。
一つ一つ丁寧な造りにこだわり、よりよい品質を目指すべく 小仕込み・槽搾りで全てのお酒に対し手間をかけて酒造りをされています。

限定流通酒の『田光-たびか-』は地区の名前であり、蔵元のすぐ側に流れる「田光川」から。
鈴鹿山脈からの自然の恩恵である柔らかく綺麗な伏流水と農家が長い期間大切に育ててきたお米を使い「田光」を醸しています。田光の紹介文には、「まろやかで やさしく 人を感じ 心豊かになる酒」とあります。
菰野町の自然が育んだ 心に沁みる優しい味わいをお愉しみ下さい。
1個の商品
  • 田光 特別純米 神の穂 火入れ
    通常価格
    1.8L ¥3,080
    720ml ¥1,595
    販売価格
    ¥1,595から
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ